大人の女性の技術|遊びの女で終わらない

一夜限りのエッチ

遊びの女

たった一回のセックスに、一生を託すのはまだ早い。一夜で終わるエッチが、悪いわけではありません。現在は初潮を迎える年齢が早くなり、昔に比べると性体験の速さも数も驚くほど多くなりました。

 

その中には長続きする恋愛もあれば、短く終わる恋愛もあります。

 

男性というものは最初から「君とはエッチだけね」と最初から一夜限りの遊びであることをいう人はいません。そんなことを言えば、女性から嫌われると考えているからです。

 

女性の方も、援助交際ならいざ知らず、普通に知り合った時は、少なくとも恋人にあこがれているわけですから、一回だけというのでは、馬鹿らしいと思うのは当然です。

 

とはいえ、3回目のデートまで我慢するのでは、せっかくのチャンスを逃してしまうことになるかもしれません。

 

自分がそうしたいと思ったら、してみればいいのです。ただし、この男性とは「一夜限りになるかもしれない」という気持ちも抱いていないと、つまらない男性とずるずると付き合うことになりがちです。

 

結婚の条件を見ると、ほとんどの男女が「性格の一致」を第一にあげます。「性の一致」を上げる人はほとんどいません。

 

  • そこには、男性にすれば「セックスは外ですればいい」と思っているからです。
  • 家庭では「義務としてセックス」なのだと考えているからです。

 

悪く言えば、女性を甘く見ているのです。これがセックスレス生活にも通じていくのですが、女性もまた性の不一致を、真剣に考えていない節があります。というのは、結婚したからには性的満足を得られるものと最初は夫を高く評価しているからです。

 

ところが、女性の子の甘い夢はすぐに裏切られます。

 

酔った勢いは気を付ける

 

遊びの女

お酒の入った日に男性と知り合ったら、恋愛と思わない方が賢明です。ところが特に女性の場合はそういう費や場所で知り合った男性ほど、よく見えてしまいます。

 

なぜなら、無口で鈍感そうな男性は、そういう席で光って見えないからです。むしろ、少し軽い男性、笑わせる男性が輝いて見えるのです。

 

酔った気軽さでそんな男と付き合うと、その夜から運が下がってしまうので注意が必要です。

 

男性が遊びだと割り切っている場合には、次の行動が出てくるので注意深く観察するようにしましょう。

 

誘い方が強引で自己中心的。
誘い方も、エッチの仕方も慣れていて気持ちがこもっていない。
下品な言葉遣い、エッチをリードする。
自分の持ち物を自慢したがる。
エッチが終わるとさっさと帰る。

 

このように書いてみれば、すぐに遊びの男性だとわかるのですが、実際にそのようなに男性に不舞われても、気がつかない女性が案外多いものです。

 

エッチが楽しければそれに没頭して陶酔してしまうからなのでしょうか?

 

実は女性には、堕落願望があるのです。昼は淑女でありたいと思う半面、夜は娼婦に堕ちたいのです。

 

エッチですごくスケベになりたい女性は実はとても多いのです。

 

遊び人の男性はその心理を良く知っていて、わざと下品なエッチな言葉を使いセックスグッズを用いて女性を挑発します。

 

こういったエッチは遊びに決まっています。セックスは愛をもってする行為であり、いたわりの心が大切なのです。

 

所がエッチはその場で楽しみを倍増させるため、刺激的です。これに多くの女性は惑わされて遊びの対象にされてしまうのです。